複数の商品を複数の送り先に送る場合は「1カ所ずつ」送り先を指定し、決済を済ませた後で、2件目以降の決済にお進み下さいますようお願い申し上げます。

大下水産

ありがたいものを おめでたい時に  伊勢神宮のお膝元で丹精込めて育てあげた寶鯛。
注文をお受けしてから海から引揚げ、その日のうちに加工して、発送いたします。

南伊勢より寶鯛ギフト 伝えたい想いがきちんと伝わる贈り物

大切な人のお祝い事には特別な鯛の贈り物を

南伊勢町は伊勢神宮の南に位置し、熊野灘に面する豊かな漁場で捕れた新鮮な幸は古来より神様のお食事「神饌」として献上されてきました。また、万葉集には、古代~平安時代に朝廷に「贄」として海産物を納める地域「御食国」と記されています。
寶鯛は伊勢神宮のお膝元で自然の恵みに感謝しながら、丹精込めて育てあげた大下水産の商標登録名です。「貴重で価値のあるもの。大切なもの。」という想いと、大下水産の船「大宝丸」にちなんで「寶鯛」と名付けました。(平成24年、寳鯛の西京漬け伊勢神宮外宮奉納について)
ご誕生、お食い初め、ご結婚、ご長寿、合格、卒業、退職、お節句、新年、等全国各地の心の寄り添った晴れの席で、私たちの寶鯛が素敵な笑顔に囲まれる姿を想像しながら、今日も海に向かいます。

この日常が私たちにとってはなによりの「寶」です。

NO!冷凍 おいしさを優先した結果、冷凍ものは使いません。
注文を受けてから、沖へ行き、鯛を引き揚げ、できるだけ手早く仕込んで、発送しています。
夫婦ふたり、この規模でやってきたからこそ、鯛ともお客さんとも丁寧に向き合える所以です。

  • 01

    鯛生産者の大下弘和です。

    鯛一筋35年。おいしいと言われると素直に嬉しい。
    南伊勢町迫間浦は全国屈指の鯛養殖が盛んな場所として知られています。
    私は2代目です。一度はこの町を出て伊勢で就職をしましたが、小さい頃から親の背中を見て育ってきたし、やっぱり継ぐもんやとどっかでは思とって、3年程街で働いて、帰ってきました。
    鯛一本、この道35年になりました。よそのことはよう知らんけど、いろんな人が大下さんとこの鯛は一番おいしいっていうてくれる、それは素直に嬉しいです。
    気候によって、季節によって、鯛の機嫌によって、餌の配合を変えたり量を調整したり、餌を工夫しています。大きくなれ、おいしくなれ、と稚魚から出荷までつきっきりで育て上げる作業は漁業というよりは農業に近いんです。
    二年半から三年、手塩にかけて、ようやく嫁に出せるようになります。
  • 02

    活き締めにしてすぐに仕込みます。

    おいしく育った鯛を一番おいしい状態で食べてもらえるように、と考えたら自然の流れでこなった。冷凍はしません。
    海から揚げてきたら、ちゃちゃっと捌きます。スピード勝負。
    僕の師匠は嫁さん。嫁さんは漁師町に嫁にきて、魚が捌けんかったら生きていけへんって 僕の母から習ろたそうです。
    今の時代は、魚はパックして売られとるのが普通やろうけど、ここらでは日常的に魚は丸々もらいますから。魚を捌く作業は自然の恵みに感謝し、命に対峙するええ機会やとも思います。
    味付けは嫁さんの担当。せっかく大事に育てあげた鯛やから、最高においしく仕上げたいと、寶鯛のおいしい食べ方をとにかく研究しました。材料を厳選して、色々いろいろ試して、納得のいく西京漬けができて、次に鯛茶漬けと昆布締めが完成しました。
    そして、大下水産が加工をはじめて10年の節目の今夏、試作を重ねた超自信作「塩釜」をお披露目できることになったんです。ふふ。めでたいでしょう。 鯛はご存知の通り、お祝いにぴったりのもんなんやけど、この宴感は今までイチです。見栄えも味も迫力もおめでたいそのもの。 ステイホームでもささやかなパーティでもだいぶお役に立てれるとおもいます。なにより格別においしいんですから。
  • 03

    お客さんからの声が励みです

    丁寧に梱包して、クール便で発送します。
     うちは長くお付き合いさせていただいてるお客さんが多いのが特徴です。
    「大下さんお元気?」 「台風は大丈夫だった?」 「コロナで大変でしょう?」 って、友達のように気にかけて電話くださる方々がたくさんいます。 本当にありがたいことです。
     今は便利な世の中やから、ボタン一つで簡単に贈り物が完了するお店もたくさんある中でお写真やお手紙の同封を希望されるお客様が多くいらっしゃいます。そのご注文をお受けする度に、心の込もった贈り物にお使い頂くことを実感し、こちらまで嬉しくなります。そして、おいしい鯛をつくらなあかん、っていう活力を頂いています。
     先日からSNSもわからんなりに見よう見まねではじめました。若いお客さんにも私たちの鯛のこと、漁業のこと、南伊勢のこと知ってもらえるきっかけがつくれるとええなぁと思います。

Pick Up ピックアップ

とっても簡単に盛りあがれる

まるまる寶鯛の塩釜作りセット

大下水産が加工をはじめて10年の節目の今夏、試作を重ねた超自信作「塩釜セット」ができました。
鯛を塩釜で包んで蒸し焼きにすることで、昆布、わかめ、塩、素材の旨みが凝縮され、しっとり、ふっくら、ほくほくの絶品のおいしさを味わえます。 この度の自粛生活で家族と過ごす時間が増えた方へ、おうち時間を少しでも楽しんでいただこうというところから生まれた商品なので、今までとは違って、お料理の過程から楽しんで頂くスタイルです。作り方はとっても簡単。子ども達ともわいわい盛り上がれます。 塩釜を割るとほかほかのめで鯛が姿をあらわし、いっせいに歓声が上がり、見栄えも迫力も味もおめでたいそのもの。 お祝いごとに、仲間うちのパーティーや宴で、ご誕生、お食い初め、ご結婚、ご長寿、合格、卒業、退職、お節句、新年、など、また、サプライズギフトにもぴったりです。
ギフト・贈り物に

熨斗紙・命名札おつけします

心を込めて想いを包みます
お祝いやお返し等の用途に合わせて熨斗のギフトサービスも無料でご用意しております。
正直なものづくり宣言

寳鯛の西京漬け伊勢神宮豊受大神奉納品です

寶鯛は伊勢神宮のお膝元で自然の恵みに感謝しながら、丹精込めて育て、豊受大神に正直なものづくりを誓いました。

おめでたい寶鯛商品「めでたい」の語呂合わせが日本人にとって馴染みがあるように、鯛は古くからお祝いの席にかかせない食材として親しまれてきました。 縁起の良い鮮やかな紅白は、邪気を祓い、神様が好む色ともいわれています。おめでたい、ありがたい、おいしい、三拍子がそろった寶鯛ギフトは ささやかなお祝いに、感謝の気持ちを伝える御礼の印に大変喜ばれています。

【複数の商品ご注文の方へ】
システムの都合上、商品数分の送料が合算されて表示されてしまいますが、1ケ口でまとめれる場合は、ご注文後、送料を変更させていただきます。
送料変更内容につきましては、メールにてご連絡いたします。購入前にお知りになりたい場合はお問合せください。ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

【複数の送り先がある場合について】
システムの関係上、いったん複数の商品をカートに入れた後、商品の送り先を振り分けることができません。複数の商品を複数の送り先に送る場合は、ご面倒でも「1カ所ずつ」送り先を指定し、決済を済ませた後で、2件目以降の決済にお進み下さい。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
又、複雑なご注文の場合、まとまった数のご注文の場合は、メール又はFAXでをご利用いただくと便利です。 Mail:oshitasuisan@gmail.com FAX: 0599-64-2223 TEL:Tel 0599-64-2124

ブログエリアを非表示